コロプラの決算説明資料より…『DQウォーク』を含むFY2019年ものが好調 『白猫』を含むFY2014ものは苦戦 『テイルズ オブ ルミナリア』のFY2022ものも低調

  • コロプラ<3668>は、5月11日、2022年9月期の第2四半期累計(10~3月)の連結決算を発表した。その決算説明資料によると、リリース時期別売上推移では、ともに周年を迎えた9周年の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』を含むFY2013ものと、2.5周年の『ドラゴンクエストウォーク』を含むFY2019年ものが好調に推移した。

    一方で『白猫プロジェクト』を含むFY2014ものの苦戦が目立っているほか、先日10日に2022年7月20日をもってサービスを終了することが発表された『テイルズ オブ ルミナリア』のレベニューシェアを計上しているFY2022ものも低調な推移となった。

    『白猫プロジェクト』は、昨年11月に『白猫プロジェクト NEW WORLD'S』にリニューアルする大型のアップデートを実施しているが、それが売上という形の成果にはつながっていない可能性がありそうだ。

株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役会長 チーフクリエイター 馬場 功淳/代表取締役社長 宮本 貴志
決算期
9月
直近業績
売上高371億2500万円、営業利益63億2000万円、経常利益78億4300万円、最終利益30億4700万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3668
企業データを見る