KLabの決算説明資料より…アニメ「天元突破グレンラガン」の初のスマホゲームの制作プロジェクトに参画 中国のWANDA CINEMAS GAMESが開発中

KLab<3656>は、本日(5月12日)、2022年12月期の第1四半期(1~3月)の連結決算を発表した。その決算説明資料によると、同社は日本のロボットアニメ作品である「天元突破グレンラガン」の初のスマートフォンゲームの制作プロジェクトに参画しているという。

本作は、中国のゲーム開発会社であるWANDA CINEMAS GAMESが、アニメスタジオのTRIGGERとアニプレックスの監修のもと、開発を進めており、繁体字圏(台湾、香港、マカオ)において、クローズドβテストの参加者募集を開始しているとのことだ。


©Kazuki Nakashima, Hiroyuki Imaishi,Project GURRENLAGANN
©Aniplex(Shanghai)Ltd./Wanda Cinemas Games

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る