松竹マルチプレックスシアターズ、22年2月期決算は売上高36%増の216億円、営業赤字17億円と大幅増収・赤字幅縮小

松竹<9601>子会社の松竹マルチプレックスシアターズの2022年2月通期の決算は、売上高216億0200万円(前の期比36.4%増)、営業損失17億4600万円(前の期は29億7700万円)、経常損失7億3200万円(同30億2400万円)、最終損失7億5000万円(同43億8700万円)だった。

・売上高:216億0200万円(同36.4%増)
・営業損失:17億4600万円(同29億7700万円)
・経常損失:7億3200万円(同30億2400万円)
・最終損失:7億5000万円(同43億8700万円)

松竹の決算報告によると、感染拡大予防ガイドラインに従い、空調設備を適切に稼働させ、ユーザーの体表面温度の非接触測定やアルコール消毒液の設置等、万全な感染防止策を行った。

興行では、7月には「東京リベンジャーズ」、11月には「ARASHI Anniversary Tour5×20 FILM “Record ofMemories"」、12月には「劇場版呪術廻戦 0」「99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE」が大ヒットし、若い世代を中心に来場者が増えたという。

また、4月には九州初となる熊本ピカデリーを開業し、11月には丸の内ピカデリー1・2を改装しリニューアルオープンした。