『FGO』開発・運営のラセングル、2022年3月期決算は最終利益5億8600万円 ディライトワークスよりゲーム事業を引き継ぐ形で2月に発足

『Fate/Grand Order(FGO)』の開発・運営元であるラセングルの2022年3月期の決算は、最終利益が5億8600万円だった。6月29日付の「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。

同社は、ディライトワークスよりゲーム事業を引き継ぐ形で2022年2月1日より事業を開始した。よって、この数字については、2月と3月の事業活動の数字となる。

ちなみに、決算期や期間が大きく異なっているが、ディライトワークスの直近2021年7月期の決算については、最終利益44億円を計上していた。

 

株式会社ラセングル
https://www.lasengle.co.jp

会社情報

会社名
株式会社ラセングル
設立
2021年12月
代表者
小野義徳
上場区分
未上場
企業データを見る