【ゲーム株概況(7/11)】Switch向けゲームコンテンツに参入の東京通信がS高 gumiは提携先の『キャプテン翼』NFTプロジェクトが刺激に

  • 7月11日の東京株式市場では、日経平均は3日続伸し、前日比295.11円高の2万6812.30円で取引を終えた。10日投開票の参院選で自民党が単独過半数を獲得するなど圧勝して政権が安定することで、より効果的な経済政策を展開しやすくなるのではとの期待が膨らむ形となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、東京通信<7359>がストップ高した。東京通信は、新たな取り組みとして、家庭用ゲーム機であるNintendo Switchへのゲームコンテンツの配信を開始すると発表したことが市場の関心を集めたようだ。

    また、壽屋(コトブキヤ)<7809>が5日続伸となり、gumi<3903>やユークス<4334>、シリコンスタジオ<3907>なども買われた。gumiは、協業先であるdouble jump. Tokyoが『キャプテン翼』のNFTプロジェクトを始動したことが株価の刺激材料となっているもよう。

    ほか、大手ゲーム株では、コナミグループ<9766>やスクウェア・エニックスHD<9684>などが高い。

    ANYCOLOR<5032>は反発し、終値ベースで4営業日ぶりに6000円台を回復した。

    半面、SHIFT<3697>は利益確定の売り物が続く形で大幅続落し、ガーラ<4777>やアエリア<3758>なども売られた。

    コムシード<3739>は一時751円まで買われたものの、後場引けにかけて急落し、ストップ安となった。

株式会社gumi
http://gu3.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社gumi
設立
2007年6月
代表者
川本 寛之
決算期
4月
直近業績
売上高189億4200万円、営業損益22億6200万円の赤字、経常損益38億9000万円の赤字、最終損益62億7300万円の赤字(2022年4月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3903
企業データを見る
株式会社東京通信
https://tokyo-tsushin.com/

会社情報

会社名
株式会社東京通信
設立
2015年5月
代表者
代表取締役会長 外川 穣/代表取締役社長CEO 古屋 佑樹
決算期
12月
直近業績
売上高47億3100万円、営業利益4億6500万円、経常利益4億2400万円、最終利益2億200万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
7359
企業データを見る