Studio KADAN、第1期となる2022年3月期の決算は最終損失4700万円 KADOKAWA系の3DCGアニメ・VFX制作会社

KADOKAWA<9468>グループのアニメスタジオであるStudio KADANの第1期となる2022年3月期の決算は、最終損失4700万円だった。本日(7月14日)付の「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。

同社は、3DCGアニメーション・VFXの両方を手掛ける制作会社で、2021年6月1日に設立された。

TVアニメ『シドニアの騎士』シリーズやアニメ映画『BLAME!』などを手がけた日本有数の3DCGアニメーション監督・瀬下 寛之氏が中心となっているという。

瀬下監督のCG分野でのノウハウと制作工程を導入し、様々なクリエーターが参画しやすい環境とCG開発における最新の知見を持つ点が最大の特徴としている。

 

株式会社KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社KADOKAWA
設立
1954年4月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 夏野 剛/代表取締役 執行役員 Chief Human Resources Officer(CHRO)兼Chief Literature & Movie Officer(CLMO) 山下 直久
決算期
3月
直近業績
売上高2212億0800万円、営業利益185億1900万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9468
企業データを見る