コーエーテクモ、第1四半期決算は営業益20%増の116億円と過去最高 『FE無双 風花雪月』など3本発売、「ライザのアトリエ」リピート好調 金融収益悪化し経常益50%減

コーエーテクモホールディングス<3635>は、この日(7月25日)、2023年3月期 第1四半期(22年4月~22年6月)の連結決算を発表し、売上高186億5300万円(前年同期比9.1%減)、営業利益116億5700万円(同19.9%増)、経常利益90億8600万円(同50.6%減)、最終利益67億5000万円(同49.6%減)だった。

・売上高:186億5300万円(同9.1%減)
・営業利益:116億5700万円(同19.9%増)
・経常利益:90億8600万円(同50.6%減)
・最終利益:67億5000万円(同49.6%減)

同社によると、パッケージゲームでは、大型のコラボレーションタイトルをはじめ合計3タイトルを発売した。スマートフォンゲームでは、運営中の自社開発タイトル、IP許諾タイトルが安定して推移した。また、協業先による開発費負担を一部計上した結果、営業利益率は向上した。四半期の営業利益としては過去最高となった。

ただし、経常利益は大幅な減益となった。厳しい金融環境に対応するためポートフォリオの組み換えを行い、営業外費用を計上したため。投資有価証券売却益が63億円から4億円に急減した一方で、デリバティブ評価損56億円、有価証券償還損53億円、投資有価証券売却損13億円などを損失計上したという。

セグメント別の状況は以下のとおり。

 
 

■エンタテインメント事業

・売上高:178億0500万円(同9.4%減)
・営業利益:114億9100万円(同19.2%増)

「シブサワ・コウ」ブランドでは、4月に『Winning Post9 2022』(PS4、Nintendo Switch、Windows(Steam)用)を発売し、9万本の販売となった。5月には『太閤立志伝V DX』(Nintendo Switch、Windows(Steam)用)を国内・アジアで発売し、販売本数は16万本だった。6月には、新作スマートフォンゲーム『信長の野望 覇道』を発表し、クローズドβテストを実施した。

「ω-Force」ブランドでは、任天堂の『ファイアーエムブレム 風花雪月』の世界を継承した『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』(※)(Nintendo Switch用)を6月に発売した。

「Team NINJA」ブランドでは、新作タイトル『Wo Long:Fallen Dynasty』(PS5、PS4、XboxSeries X|S、Xbox One、Xbox Game Pass、Windows(Steam、Microsoftストア)用)を2023年初頭に発売予定であることを6月に発表した。

「ガスト」ブランドでは、「ライザのアトリエ」シリーズのリピート販売が好調だった。

「ルビーパーティー」ブランドでは、国内で配信中の『金色のコルダ スターライトオーケストラ』において季節イベントやキャンペーンを実施した。

「midas」ブランドでは、新規スマートフォンゲームの開発に注力している。

IP事業においては、国内及びアジア各地域で配信中の『三国志・戦略版』(国内では『三國志 真戦』)が、引き続き収益に貢献した。6月には『新信長の野望』が国内で配信開始した。オフィシャルショップ「KOEI TECMO SPOT」では、同社タイトルのグッズを幅広く展開し、人気を博した。
(※)『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』の海外における発売元は任天堂。

 

■アミューズメント事業

・売上高:6億4500万円(同3.2%増)
・営業利益:8000万円(同63.2%増)

アミューズメント施設は、プライズゲーム機の稼働が好調で、既存店売上が伸長した。スロット・パチンコでは、開発を受託した1タイトルが稼働を開始した。

 

■不動産事業

・売上高:2億8700万円(同20.6%増)
・営業利益:8000万円(同247.8%増)

ライブハウス型ホールKT Zepp Yokohamaは、有観客イベントで高い稼働率となった。

 

■その他事業

・売上高:7600万円(同13.6%減)
・営業利益:500万円(同28.5%減)

 

■2023年3月通期の業績見通し

2023年3月通期の業績は、売上高770億円(前期比5.8%増)、営業利益325億円(同5.9%減)、経常利益425億円(同12.7%減)、最終利益315億円(同10.9%減)、EPS95.57円を見込む。従来予想からは変更はないとのこと。下期に収益が集中する見通しだ。

・売上高:770億円(同5.8%増)
・営業利益:325億円(同5.9%減)
・経常利益:425億円(同12.7%減)
・最終利益:315億円(同10.9%減)
・EPS:95.57円

計画に対する進捗率は、売上高24.2%、営業利益35.9%、経常利益21.4%、最終利益21.4%となっている。

・売上高:24.2%
・営業利益:35.9%
・経常利益:21.4%
・最終利益:21.4%

コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高727億5900万円、営業利益345億2700万円、経常利益486億9600万円、最終利益353億5900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る