コーエーテクモHD、第1四半期の家庭用ゲーム売上は12%減の940億円 内訳はパッケージ30%減の44億円、DL販売17%増の42億円


コーエーテクモホールディングス<3635>は、この日(7月25日)、2023年3月期 第1四半期(2022年4~6月)における家庭用ゲームソフトの売上高について前年同期比12.3%減の940億0500万円だったことを明らかにした。内訳を見ると、パッケージが同30.8%減の44億5500万円、ダウンロード販売が同17.4%増の42億6000万円、ダウンロードコンテンツが同6.2%増の6億9000万円だった。

 

『Winning Post9 2022』(4月発売、9万本)や、『太閤立志伝V DX』(5月発売、16万本)、任天堂の『ファイアーエムブレム 風花雪月』の世界を継承した『ファイアーエムブレム無双 風花雪月』(6月発売、非開示)を発売した。このほか、「ライザのアトリエ」シリーズのリピート販売が好調だったという。

 

地域別の販売本数を見ると、国内パッケージソフトが8.5%減の86万本、海外が47.7%増の223万本だった。海外の内訳は、北米が50.0%増の105万本、欧州が同78.6%増の50万本、アジアが同28.3%増の68万本だった。また日本と海外のダウンロード販売合計は24.7%増の187万本だった。

 

なお、今後のリリース予定タイトルは以下のとおり。

・『信長の野望・新生』(2021年7月21日発売)
・『ウルトラ怪獣モンスターファーム(開発担当)』(2022年発売予定)
・『Wo Long: Fallen Dynasty』(2023年初頭発売)

コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高727億5900万円、営業利益345億2700万円、経常利益486億9600万円、最終利益353億5900万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る