サイバーエージェント藤田晋社長、新卒初任給42万円に引き上げに「十分効果がある」 人件費の増額は年間3億円

サイバーエージェント<4751>の藤田晋社長は、この日(7月27日)、オンラインで開催した第3四半期の決算説明会において、2023年春から入社する新卒社員の初任給を42万円に引き上げることについて、「十分効果がある初任給増額ではないか」とコメントした。

新卒社員の初任給引き上げが人件費に与える効果は年間で3億円と試算していると明かしたが、「優秀な人材が採用できて、かつ当社の社員が誇りをもって働けるのであれば、リーズナブルなもの」とした。

7月25日付の日経新聞の「2023年春の新卒入社の初任給を42万円に引き上げる」との報道にコメントしたものとなる。人材確保のため、営業やデザイナーなどIT人材以外では22年春入社と比べて2割超の大幅な増額となるという。

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る