バンダイナムコHD、「ガンプラ」はアフターコロナも拡大続く 新作映像公開やマーケ施策でファン増加 グループ会社や協力工場も増産に参加


バンダイナムコホールディングス<7832>は、第1四半期(2022年4~6月)の決算説明会で、「ガンプラ」(機動戦士ガンダムのプラモデル)の販売が好調である要因について、新型コロナの感染拡大に伴う巣籠り需要だけでなく、新作映像作品の公開や各種プロモーション施策などが効果を発揮したものとコメントした。ガンプラユーザーは確実に増加しており、アフターコロナにおいても様々な施策を継続することで、今後もガンプラの売上高を拡大し続けることは可能とした。


同社によると、『機動戦士ガンダム』関連の売上高は前年同期比で20.8%の290億円だったことを明らかにした。IP別の売上高を公表し始めてから最高水準となったようだ。プラモデルを中心にハイターゲット層(大人層)向けの商品の販売が伸びたという。

 
また足元では、供給不足への対応も進めており、生産については一昨年度にバンダイホビーセンター(静岡市)の工場を増床しており、生産力を向上させているが、それを上回る需要の拡大に応えるため、バンダイホビーセンターに加え、協力工場やグループ会社による生産力増強を行っているという。また、バンダイホビーセンターに隣接した土地も取得しており、次期中期計画に向けてさらに生産力を増強させる予定だ。

なお、これまで「ガンダム」シリーズについては、「ガンプラをはじめとするトイホビー事業の商品・サービスが中心だったが、『ガンダムエボリューション』など大型ゲームの開発も進んでおり、各事業分野において、ビジネスの拡大を図っていく、としている。

株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高8892億7000万円、営業利益1254億9600万円、経常利益1336億800万円、最終利益927億5200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7832
企業データを見る