シリコンスタジオ、22年11月期通期予想を上方修正 営業益は1億円→3.2億円に ソフトウエア評価損4800万円を計上の最終益も上ブレ

  • シリコンスタジオ<3907>は、10月7日、2022年11月期通期の連結業績予想の修正を発表、受託開発の増加に加え、ミドルウェアライセンス販売において大型ライセンス契約の売上を一括計上したことで、売上高・利益ともに従来予想を上回る見通しとなった。

    売上高40億9500万円→44億円(増減率7.4%増)
    営業利益1億円→3億2000万円(同220.0%増)
    経常利益1億円→3億4500万円(同245.0%増)
    最終利益6000万円→2億円(同233.3%増)

    開発推進・支援事業の売上高は、前述のとおり、受託開発の増加やミドルウェアライセンス販売において大型ライセンス契約の売上を一括計上したことなどにより、前回発表予想時より2億6500万円増加し、26億8000万円の予想となった。

    人材事業の売上高は、有料職業紹介の成約件数の増加により、前回発表予想時より4000万円増加し、17億2000万円と予想している。

    一方、利益面では、売上高の上ブレに加え、ミドル・ハイクラス人材向けサービスが利益率の上昇に寄与した。

    なお、最終利益は連結子会社において開発した市場販売目的であるソフトウエア資産について回収可能性を検討し、将来の収益見込みなどを勘案した結果、ソフトウエア評価損4800万円を特別損失として計上した上での上方修正となっている。

シリコンスタジオ株式会社
http://www.siliconstudio.co.jp

会社情報

会社名
シリコンスタジオ株式会社
設立
2000年1月
代表者
代表取締役社長 梶谷 眞一郎
決算期
11月
直近業績
売上高41億3400万円、営業利益7300万円、経常利益7700万円、最終利益1600万円(2020年11月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3907
企業データを見る