フリューの第2四半期のゲーム事業、映画『ゆるキャン△』大ヒットで売上89%増の12億円、営業益1.6億円と大幅増収・黒字転換


フリュー<6238>は、第2四半期(2022年7~9月)におけるゲーム事業の業績について、売上高が12億0400万円(前年同期比で88.5%増)、営業利益が1億6200万円(前年同期は2800万円の赤字)と大幅増収・黒字転換したことを明らかにした。昨日(11月14日)に開示された決算説明資料でわかった。

同社によると、業績の伸びをけん引したのは、興行収入10億円を超えた映画「ゆるキャン△」だ。アニメの売上高は同157.3%増の7億7300万円と大きく伸びた。家庭用ゲームも『トリニティトリガー』が堅調に推移し、同112.0%増の2億7100万円だった。

フリューの発表している月次業績をみると、ゲーム事業において映画「ゆるキャン△」の上映を開始した7月から売上が大きく伸びたことが確認できる。

 

フリュー株式会社
http://www.furyu.jp/

会社情報

会社名
フリュー株式会社
設立
2007年4月
代表者
代表取締役社長 三嶋 隆
決算期
3月
直近業績
売上高340億5800万円、営業利益37億900万円、経常利益37億700万円、最終利益25億4400万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6238
企業データを見る