【ゲーム株概況(11/29)】enishが逆行高 CB発行による資金調達発表で希薄化懸念が意識されたサンリオは3日ぶりに反落 ユークスは5日続落して600円台割れに

11月29日の東京株式市場では、日経平均は3日続落し、前日比87.17円安の3万3321.22円で取引を終えた。朝安の後は押し目買いの動きとなり、プラス圏まで浮上したものの、大引けにかけては再び売り物に押される展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、enish<3667>が逆行高した。enishは、今冬リリース予定の「Roblox」向けアクションレースゲーム『ドラえもん のび太の ゴーゴーライド!』への関心が市場の評価の底流にあるようだ。

また、MIXI<2121>やAiming<3911>などが買われたほか、カバー<5253>が大幅続伸して年初来高値を更新した。

11月27日にAIを活用した各種ITサービスの提供およびコンサルティングを手掛けるエーアイスクエアの買収を発表したHEROZ<4382>は3日ぶりに反発した。

半面、前日11月29日に2028年満期ユーロ円建転換社債型新株予約権付社債(CB)を発行して、約300億円を調達することを発表したサンリオ<8136>が希薄化懸念から3日ぶりに反落した。

一昨日、前日と連日のストップ安売り気配まで売られていたユークス<4334>は、5日続落となり、終値ベースで600円台を割りこんだ。

ほか、バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>や円谷フィールズHD<2767>なども安い。

株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高41億1800万円、営業損益3億3500万円の赤字、経常損益3億7500万円の赤字、最終損益4億1500万円の赤字(2022年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3667
企業データを見る
株式会社ユークス
http://www.yukes.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ユークス
設立
1993年2月
代表者
代表取締役社長 谷口 行規
決算期
1月
直近業績
売上高42億9900万円、営業利益9億4800万円、経常利益10億9200万円、最終利益8億8300万円(2023年1月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4334
企業データを見る
株式会社サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サンリオ
設立
1960年8月
代表者
代表取締役社長 辻 朋邦
決算期
3月
直近業績
売上高726億2400万円、営業利益132億4700万円、経常利益137億2400万円、最終利益81億5800万円(2023年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
8136
企業データを見る