KLab、クルーズを相手にゲームの差し止めと損害賠償を求める訴訟を起こすとの報道

12月6日付の日本経済新聞電子版は、KLab<3656>が自社のゲームを模倣されたとして、クルーズ<2138>を相手に、ソーシャルゲーム提供の差し止めと5500万円の損害賠償を求める訴訟を起こすことを決めた、と報じている。 報道によれば、著作権侵害と民法の不法行為を根拠とし、6日にも東京地裁に提訴するとのこと。クルーズのソーシャルゲーム「チーム×抗争 ギャングキング」が、KLabの看板タイトル「真・戦国バスター」のゲームシステムやヘルプの記載方法などに酷似しているという。KLabは同様に「痛快×対決!俺の空」についても別途、対応を検討するとしている。 なお、当サイトの取材に対し、KLabでは「その方向で検討している。本日中に改めてリリースを出すので、詳細はそちらを確認して欲しい。」とコメントしている。   ■関連サイト プロ野球参入のDeNA、本業揺さぶる「場外乱闘」  模倣・訴訟…問われるソーシャルゲーム業界の健全性
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高339億円、営業利益21億円、経常利益15億円、最終利益7億6000万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3656
企業データを見る