KLab、クルーズを提訴…「チーム×抗争!ギャングキング」の差止と5500万円の損害賠償を請求

KLab<3656>は、本日(12月6日)、クルーズ<2138>に対し、著作権侵害行為および不正行為に基づき差止および損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起した、と発表した。クルーズの「チーム×抗争!ギャングキング」の配信の差し止めと、5500万円及び法定利息による遅延損害金の損害賠償を請求している。

KLabによれば、「Mobage」で提供中の『真・戦国バスター』がクルーズの「チーム×抗争!ギャングキング」との間で完全に同一もしくは類似する箇所が非常に多いため、今回、提訴に踏み切ったとのこと。両タイトルを比較すると、ゲームの機能と課金の仕組み、画面遷移の選択、配列、主要画面の表示構成、ヘルプの文章などの具体的な表現で完全に類似し、「チーム×抗争!ギャングキング」は「真・戦国バスター」の舞台設定を漫画作品「ギャングキング」に置き換えた忠実なリメイクになっていると指摘している。

KLabでは、「真・戦国バスター」の忠実なリメイクと評価できる「チーム×抗争!ギャングキング」の配信を開始した行為は、公正な競争として社会的に許容される範囲を超えるものと判断し、事前にクルーズに文書で警告した上、本訴訟を提起することにした、としている。業績に与える影響については軽微であり、訴訟に進展に伴い開示が必要な事実が発生した場合には速やかに開示する予定。

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高339億円、営業利益21億円、経常利益15億円、最終利益7億6000万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3656
企業データを見る