新規上場企業の紹介…エイチーム(東証マザーズ・3662)

モバイルコンテンツのエイチームが4月4日、東証マザーズに上場する。事業内容は、エンターテイメント事業とライフサポート事業で構成される。KLab<3656>に続いて、SAPとして上場するのは同社が2社目となる。 主力はエンターテイメント事業で、第2四半期累計の売上高は11億9400万円、セグメント利益4億4800万円だった。資本業務提携を行なっているグリーとの共同運営タイトル「AKB48ステージファイター」のほか、「無限マラソン」や「エターナルゾーン」などを提供。12年1月31日現在、提供アプリ数はGREが42、Mobageが46、mixiが25タイトルとなっている。 さらにiOS・Andoid向けアプリ「麻雀 雷神」や、オンラインゲーム「ミリオンヴァーサス」と「エターナルゾーン」、各種公式サイトも展開している。直近では、iOS向けソーシャルゲーム「ダークサマナー」が日本はもとより米国でもアプリランキング上位に入っている。 ライフサポート事業は、第2四半期累計の業績は、売上高11億3600万円、セグメント利益1億6800万円だった。引越しや中古車買取の比較サイトのほか、女性向け体調管理サイトなどを運営しており、ユーザーの利用に応じた手数料を受け取って収益としている。 業績推移は下表のとおり。2012年7月期の業績は、売上高52億2000万円(前期比30.9%増)、経常利益6億9600万円(同56.1%増)、当期純利益3億8900万円(同50.8%増)を見込む。  

  なお、新規上場に伴い、新株発行で3億0700万円と第三者割当増資で4700万円の合計約3億5400万円を調達する予定。調達した資金は、人件費に8000万円、サービスの広告宣伝費に2億7400万円を充当する予定。いずれも2012年7月期から2013年7月にかけて使っていくという。   〈会社概要〉 本社=愛知県名古屋市 URL=http://www.a-tm.co.jp/ 社長=林 高生 設立=2000年2月 発行済株式数=301万5000株(上場時) 資本金=6800万円(2012年1月31日現在) 大株主=林 高生 130万6000株(45.75%)、牧野隆広 45万株(15.76%)、グリー 28万6000株(10.02%)、エイチーム従業員持株会 20万5000株(7.18%)、加藤厚史 10万7000株(3.75%)、日本エンタープライズ 10万株(3.50%)、有馬純一郎 10万株(3.50%)   〈上場要項〉 公開株式数=35万0700株(公募=30万株、売出し=5000株、オーバーアロットメントによる売出し=4万5700株) 公開価格=1080円 公開時時価総額=32億5600万円 公開価格のPER=11.19倍(2012年7月期の業績予想ベースは7.77倍)→比較対象としては、クルーズ<2138>やKLab<3656>が念頭に置かれている模様。 売買単位=100株 主幹事証券=大和証券キャピタル・マーケッツ
株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高317億9000万円、営業損益2億9800万円の赤字、経常損益2億1900万円の赤字、最終損益13億3700万円の赤字(2022年7月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3662
企業データを見る