KLab、イトクロの中国現地法人のソーシャルゲーム開発事業を買収

KLab<3656>は、本日(9月28日)、シンガポール子会社のKLab Globalを通じて、イトクロの孫会社である轶腾酷(上海)信息科技有限公司(YTK)のソーシャルアプリケーション開発部門を取得すると発表した。KLab Globalが11月にも中国子会社「KLab China」を設立し、新会社がYTKの同事業を12月1日付けで譲り受ける。買収価額は非開示。

今回、KLab Chinaが事業を譲り受けるYTKは、開発12名、企画9名、デザイン9名、インフラ3名、管理部門等5名の38名が在籍しており、日本国内のMobageやGREE、mixi向けに「禁断のグリモワール」など13タイトルを開発した実績がある。また、DeNA China向けにもゲーム開発を行っている。今回の事業譲り受けにより、KLabは、38名の人員を獲得し、中国で開発をスタートする体制を整えることができる、としている。

新会社は、日本向けとグローバル向けに配信するゲームを開発することでコスト低減を図るとともに、日本やその他の拠点で開発したソーシャルゲームの中国向けに開発・ローカライズ・マーケティングを行い、中国国内の各種スマートフォン向けプラットフォームに提供する。

KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高238億9500万円、営業損益11億500万円の赤字、経常損益10億2800万円の赤字、最終損益34億6800万円の赤字(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3656
企業データを見る