18年6-8月決算、エディアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エディア、第2四半期は増収・赤字幅拡大…『温泉むすめ』や『W...

エディア、第2四半期は増収・赤字幅拡大…『温泉むすめ』や『WarLocksZ』など新規貢献も広告宣伝費や開発費など先行投資が負担に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
エディア<3935>は、本日(10月12日)、第2四半期累計(3~8月)の連結決算を発表し、売上高8億4900万円(前年同期比117%増)、営業損益1億9900万円の赤字(前年同期1億5800万円の赤字)、経常損益2億2000万円の赤字(同1億6500万円の赤字)、最終損益2億2100万円の赤字(同1億6600万円の赤字)となり、増収・赤字幅拡大となった(前年同期の実績は単体で、比較は参考)。

 


同社では、既存サービスの拡大や、新規サービスの展開、子会社業績の堅調な推移により、売上は大きく伸びたものの、新規タイトルの広告費増加、収益基盤の強化に向けた積極的な開発及び先行投資を行ったことなどが響いた、としている。

新規サービスとして、2018年8月に香港・台湾で人気の美少女×ロボシミュレーションRPG『魔法軍團WarLocksZ』、地域活性クロスメディアプロジェクトの新作位置情報ゲーム『温泉むすめ ゆのはなこれくしょん』の配信を開始し、2018年6月に他社より運営移管した海賊ファンタジーRPG『アイオライトリンク』と合わせて大きく収益に貢献したとのこと。

なお、四半期ベースで見ると、売上、利益ともに改善傾向にあることがわかる。

 


2019年2月期は、売上高15億円、営業利益2200万円、経常利益1500万円、最終利益1200万円を見込む。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エディア18年6-8月決算

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事