20年1-3月決算、Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Aiming、自社・協業タイトルに並んで受託ビジネスにも注力...

Aiming、自社・協業タイトルに並んで受託ビジネスにも注力 ゲーム運営の受託は複数の引き合い

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


Aiming<3911>の椎葉忠志社長は、この日(4月28日)公開した決算説明動画で、新たに受託ビジネスにも注力していく考えを示した。同社は『CARAVAN STORIES』や『Lord of Knights』など自社タイトルのほか、『剣と魔法のログレス』シリーズにみられるように協業タイトルを中心に事業を展開してきた。

受託ビジネスについては、いわゆるグラフィック制作などを請け負うほか、ゲームの運営全般の受託も行う考え。運営の受託については、数件引き合いがあるそうだ。すでに契約締結した案件、協議を進めている案件、トライアル案件など、様々なステータスだという。

 
(編集部 木村英彦)
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 20年1-3月決算Aiming

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事