20年1-3月決算、カプコンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > カプコン、20年3月期のDL売上比率は23ポイント上昇の76...

カプコン、20年3月期のDL売上比率は23ポイント上昇の76.8%に 本数ベースでは8割に到達 新型コロナ背景に普及加速

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


カプコン<9697>は、この日(5月12日)公開した決算説明資料で、家庭用ゲームソフトのデジタル売上比率が前の期から23.5ポイントアップの76.8%になったことを明らかにした。販売本数ベースで見ると、全体の販売本数2550万本の80.6%にあたる2055万本をダウンロードで販売していることになる。新作タイトルが少ない年度だったが、ダウンロード販売がパッケージ販売の減少を補い、全体としては前年並みの販売本数を確保した。

ゲオホールディングスの決算でも家庭ゲームでヒット作が出たが、売上の増加につながらなかったという説明があったが、新型コロナウイルスの感染拡大も背景にダウンロード販売が急速に普及しているようだ(関連記事)。
 


この期の大型タイトルは、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』のみだったが、採算性の高いダウンロード版を中心に売上を伸ばし、500万本の販売を達成した。その他、リピート販売として、『モンスターハンター:ワールド』は累計1550万本、『バイオハザード RE:2』は累計650万本を出荷したとのこと。
 


【関連記事】
カプコン、20年3月期のモバイルゲームの売上高は91%増の44億円…『モンスターハンター ライダーズ』が貢献
カプコン、遊技機事業が販売台数2.7倍と大きく伸び最高益の立役者に ゲームは大型1本もDLとリピートで増益、販売本数2550万本 新型コロナの影響は?
カプコン、20年3月期の営業益は26%増の228億円と過去最高達成 「MHW:アイスボーン」とリピート販売寄与、『MHW』累計販売1500万本超え
カプコン、20年3月期の最高益更新を受けて期末配当を20円から25円に増配
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カプコン20年1-3月決算

企業情報(株式会社カプコン)

会社名 株式会社カプコン
URL http://www.capcom.co.jp/
設立 1983年6月
代表者 辻本春弘
決算期 3月
直近業績 売上高642億円、営業利益105億円、経常利益108億円、当期純利益66億円(2015年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9697

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事