GMO、ゲーム開発会社「成都技慕奇楽科技」を買収…ネイティブアプリの開発力強化のため

GMOインターネット<9449>は、本日(7月8日)、子会社のGMOゲームセンターがスマートフォン向けネイティブアプリ開発のさらなる強化を図るため、中国のゲームディベロッパーの成都技慕奇楽科技の増資を引き受け、子会社化すると発表した。取得株式数は発行済株式の92.3%を120万元(1890万円)で取得する。

今回子会社化する成都技慕奇楽科技は、これまでコンシューマ向けメジャータイトルを多数受託開発してきたメンバーがスピンアウトして設立したゲーム開発会社。特に3Dゲームの分野で高い開発力を持っているという。その中でも自社開発した独自の3Dエンジンは、スペックを問わずにスムーズな3D表現を実現するため、スマートフォンネイティブアプリで強力なパフォーマンスを発揮するとのこと。

GMOインターネットでは、WEBインフラ・EC事業や検索関連広告、インターネット証券事業などを手がけているほか、新しい成長分野として、ソーシャル・スマートフォン関連事業に積極的に投資を行なっている。投資活動が奏功し、Google Playの売上ランキングでトップ50に4タイトルを送り込むなどマーケットでの存在感を高めている(関連記事

GMOインターネット株式会社
http://www.gmo.jp/

会社情報

会社名
GMOインターネット株式会社
設立
1991年5月
代表者
代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
決算期
12月
直近業績
売上高2414億4600万円、営業利益410億9700万円、経常利益433億9300万円、最終利益175億2700万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9449
企業データを見る