カヤック、ゲーム実況録画SDK「Lobi REC SDK」がスクエニの『メビウス FF』に実装…Metal API対応タイトルでは初の導入に

カヤック<3904>は、スマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi -チャット&ゲームコミュニティ-」(以下、「Lobi」)のゲーム実況録画SDK「Lobi REC SDK」が、スクウェア・エニックスのiOS/Androidアプリ『メビウス ファイナルファンタジー』に実装されたことを発表した。なお今回、「Lobi REC SDK」史上初のMetal API対応タイトルへの導入となる。
※Metal API対応版SDKの一般公開は9月中旬~下旬を予定。

「Lobi REC SDK」は、国内初のゲーム実況録画SDKとして、2014年1月より「Lobi REC SDK for iOS」(Unity、Unity5、Cocos2d、Cocos2d-x v2.x以上対応)、同年6月より「Lobi REC SDK for Android」(Unity、Unity5、Cocos2d-x v2.x以上対応)を提供しており、ゲームデベロッパー各社のタイトルと連携している。
 
▲プレイ動画機能 画面遷移
 
『メビウス ファイナルファンタジー』は、累計222万ダウンロード(2015年8月現在)を超す人気タイトルで、スクウェア・エニックスが提供する「ファイナルファンタジー」シリーズでは初の「Lobi REC SDK」採用となった。本作はiOS8のグラフィックAPI「Metal」に対応しており、ハイグラフィックかつ臨場感あるコマンドバトルが楽しめるのが魅力。今回「Lobi REC SDK」機能は同作のバトルシーンに対応しており、美しいグラフィックの魅力を損なわない実況録画体験を実現している。
※iOSのみワイプでの実況機能も備えている。

なお、今回の「Lobi REC SDK」導入を記念して、『メビウス ファイナルファンタジー』上でプレイ動画機能を使用すると、「Lobi」キャラクターの「ぬこ」がお助け妖精キャラクターとして獲得できるコラボキャンペーンを実施する。
 
 

「Lobi REC SDK」は『メビウス ファイナルファンタジー』との連携により、プレイ動画を通して、より深いゲーム体験をユーザーに提供できるよう、今後も両サービスの品質向上を図っていく方針だ。

【関連記事】
スクエニ、『メビウス ファイナルファンタジー』の第3章後編を配信開始 「アイテムショップ」のオープンなど大型アップデート第3弾も実施


​■「Lobi」

 

Lobi for Browser

App Store

Google play


 
株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
代表取締役CEO 柳澤 大輔/代表取締役CTO 貝畑 政徳/代表取締役CBO 久場 智喜
決算期
12月
直近業績
売上高125億6600万円、営業利益11億4300万円、経常利益12億6600万円、最終利益8億2900万円(2021年12月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3904
企業データを見る