任天堂、Cygamesの企画した『ドラガリアロスト』について「任天堂の考えと共通性のある面白いアプリと感じた」とコメント 将来も共同開発に意欲



任天堂<7974>は、2018年3月期の決算説明会の質疑応答を同社IRサイト上で公開し、Cygamesとの業務提携を行うことになった経緯を明かした。Cygamesの企画した『ドラガリアロスト』が任天堂の考えと共通性がある面白いアプリだと感じ、企画段階から任天堂も参画して共同で開発を進めてきたという。

任天堂の開発チームとCygamesの開発チームは、非常に親和性が高く、将来的にも一緒に働ける大事なチームとし、今後も協力して新しいアプリを作っていきたいと述べた。今後の開発については、任天堂IPを使うか、Cygamesのオリジナル企画を使うかの区別も行っていないそうだ。

また、ディー・エヌ・エーとの協業の違いについては、スマートデバイスビジネスや、ニンテンドーアカウントシステムについて技術、開発面でサポートを受けるもので、ゲームの企画と開発運営に関する協業であるCygamesとのそれとは異なるとした。DeNAとの協業については「大変満足」しているとし、今後も関係は続けていきたいとのこと。
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂
決算期
3月
直近業績
売上高1兆7589億円、営業利益6406億円、経常利益6789億円、最終利益4803億円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7974
企業データを見る