【速報】コロプラ、2018年9月期の営業益は46%減の69億円 『白猫』や『黒猫』など主力ゲームアプリの売上低下 2019年9月期の予想は非開示に

コロプラ<3668>は、本日(11月7日)、2018年9月期の連結決算を発表し、売上高457億円(前の期比12.4%減)、営業利益69億円(同46.2%減)、経常利益60億円(同52.7%減)、最終利益41億円(同51.8%減)となり、大幅な減益となった。

 


『クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ』や『白猫プロジェクト』といった既存ゲームの売上が落ち込んだことに加え、『ディズニー ツムツムランド』『アリス・ギア・アイギス』『DREAM!ing』などの新作の効果も限定的だったようだ。

同社では、2019年9月期の業績予想を非開示。グループを取り巻く事業環境は短期的な変化が激しいことから、グループの業績の見通しについては適正かつ合理的な数値の算出が困難であるため、としている。
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 馬場 功淳
決算期
9月
直近業績
売上高371億2500万円、営業利益63億2000万円、経常利益78億4300万円、最終利益30億4700万円(202年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3668
企業データを見る