ザッパラス、第2四半期の売上高は5.8%減、営業損益は2.9億円の赤字に 公式コンテンツやデコメの売上が減少

ザッパラス<3770>は、12月13日、第2四半期累計(5~10月)の連結を発表し、売上高21億円(前年同期比5.8%減)、営業損益2億9400万円の赤字(前年同期2億7100万円の赤字)、経常損益2億4200万円の赤字(同2億4300万円の赤字)、最終損益2億3600万円の赤字(同2億9700万円の赤字)だった。

 


cocoloni本格占い館や電話占い、チャット占いの売上が伸びたものの、スゴ得やauスマートパスなどキャリア公式向けコンテンツ、デコメ向けコンテンツの売上が減少した、としている。

続く2019年4月通期の業績予想は非開示。同社では、現時点で合理的に算定することが困難であるため、と説明している。
株式会社ザッパラス
http://www.zappallas.com/

会社情報

会社名
株式会社ザッパラス
代表者
玉置真理
決算期
4月
直近業績
売上高88.89億円、営業利益14.22億円、経常利益16.55億円、純利益9.17億円(2013年4月期)
上場区分
東証1部
証券コード
3770
企業データを見る