フロム・ソフトウェア、2019年3月期の最終利益は3.6倍の17.7億円…『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が「大変好調」

フロム・ソフトウェアは、8月5日付の「官報」に第33期(2019年3月期)の決算公告を掲載し、最終利益が前の期比3.6倍の17億7000万円だったことを明らかにした。前の期(2018年3月期)の実績は4億8700万円だった。

同社は、『ARMORED CORE』シリーズや『DARK SOULS』シリーズ、『天誅』シリーズなどで知られるゲーム開発会社。2014年よりKADOKAWAグループの一員となっている。

KADOKAWAの決算発表によると、米Activision社の共同開発作品で、3月22日に世界で同時発売されたアクションアドベンチャーゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が「大変好調」で利益拡大に貢献したという。さらに「DARK SOULS REMASTERED」が国内外で引き続き好調に推移し、パッケージ販売だけでなく、海外ロイ ヤリティ収入も収益貢献した。

 
株式会社KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社KADOKAWA
設立
1954年4月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 夏野 剛/代表取締役 執行役員 Chief Human Resources Officer(CHRO)兼Chief Literature & Movie Officer(CLMO) 山下 直久
決算期
3月
直近業績
売上高2099億4700万円、営業利益136億2500万円、経常利益143億6900万円、最終利益95億8400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9468
企業データを見る
フロム・ソフトウェア

会社情報

会社名
フロム・ソフトウェア
企業データを見る