ガーラ、第2四半期は売上高52%減・赤字幅拡大 スマホゲームの売上低下 『FOX』DMM版のサービス終了も決定

ガーラ<4777>は、本日(11月8日)、第2四半期累計(4-9月)の連結決算を発表し、売上高2億1500万円(前年同期比52.0%減)、営業損益1億4300万円の赤字(前年同期1億3500万円の赤字)、経常損益1億5800万円の赤字(同1億2400万円の赤字)、最終損益1億5900万円の赤字(同1億1200万円の赤字)と大幅減収・赤字幅拡大となった。

 


同社では、スマートフォンアプリ事業の売上高の減少したため、としている。売上原価やマーケティング費用m賃借料などの費用を減らしたものの、売上の低下をカバーできなかった。

なお、「FOX-Flame Of Xenocide-(フォックス)」について、DMM GAMESで7月よりサービス提供を開始したが、十分な収益貢献ができなかったことから、同年11月に終了することにしたという。スマートフォン版については7月にサービスを終了した。
株式会社ガーラ
http://www.gala.jp/

会社情報

会社名
株式会社ガーラ
設立
1993年9月
代表者
代表取締役 グループCEO 菊川 曉
決算期
3月
直近業績
売上高9億8500万円、営業利益2600万円、経常利益9300万円、最終損益1億3100万円の赤字(2021年3月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
4777
企業データを見る