サイバーステップ、2Qは売上高23%増、営業益は3.6億円の黒字に大幅黒字転換 テレビCM放映などで「トレバ」が引き続き業績をけん引

サイバーステップ<3810>は、1月14日、2020年5月期の第2四半期累計(6~11月)の連結決算を発表、売上高64億3600万円(前年同期比23.3%増)、営業利益3億6200万円(前年同期6500万円の赤字)、経常利益3億1600万円(同1億600万円の赤字)、最終利益2億8300万円(同1億4200万円の赤字)となった。
 

主力サービスであるクレーンゲームアプリ「トレバ」は、テレビCMの放映を始めとする効果的なプロモーション媒体の活用と継続的なコスト面の見直しを進めつつ、魅力的な限定景品の投入やサービス内での様々なキャンペーンの実装などサービスの質の向上を目指した取り組みを実施しており、売上高・利益ともに好調に推移した。

ちなみに利益面が大幅な黒字転換となっているのは、前年同期は「トレバ」筐体の追加増台による減価償却費の増加や、営業拠点の増床による賃借料および人件費の増加、その他既存サービスに係るプロモーション費用などが先行していたため。

なお、2019年5月期通期の連結業績予想は、従来予想から変更なく、売上高130億円(前期比12.5%増)、営業利益5億円(同175.6%増)、経常利益4億円(同372.2%増)、最終利益3億円(前期3億300万円の赤字)の見込み。
 
サイバーステップ株式会社
https://corp.cyberstep.com/

会社情報

会社名
サイバーステップ株式会社
設立
2000年4月
代表者
代表取締役社長 佐藤 類
決算期
5月
直近業績
売上高121億9300万円、営業損益8億1200万円の赤字、経常損益9億2300万円の赤字、最終損益11億5600万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3810
企業データを見る