サイバーエージェント藤田社長「広告市況は底を脱して回復」 内製化投資が実を結びネット広告は過去最高の売上、営業利益も2番めの水準に



サイバーエージェント<4751>の藤田晋社長(写真)は、この日(1月29日)にYouTube Liveで配信した第1四半期の決算説明会において、「インターネット広告市況が底から脱して、徐々に回復してきた」と述べた。昨年10月末に開催した2019年9月通期の決算説明会では、この先の広告市況に不透明感があるとし、業績見通しについても慎重な見方を示していたが、状況が好転したという。

ネット広告の売上高は前年同期比8.1%増の673億円、営業利益は同33.7%増の56億円と、売上高は過去最高、営業利益も過去2番めとなった。藤田社長によると、新規開拓した大手広告主トの広告取扱高が拡大したほか、前期まで行っていた、先行投資の成果が徐々に出てきたという。同社では、ナショナルクライアントに対応する、高品質なクリエイティブ制作の内製化を行っていた。
 


 
(編集部 木村英彦)
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る