セガサミーHD、アミューズメント機器の営業利益は90%減の3億円 プライズ堅調もビデオゲームが低調 『StarHorse4』や『けもフレ3』投入 

セガサミーホールディングス<4640>は、セガ・インタラクティブの展開するアミューズメント機器の第3四半期累計(19年4~12月)の売上高が前年同期比0.7%増の412億円、営業利益が同90%減の3億円だったことを本日(2月5日)、明らかにした。

『StarHorse4』をはじめ、『けものフレンズ3プラネットツアーズ』や『Maimai でらっくす』などを発売したものの、ビデオゲームが低調に推移した、としている。ただ、クレーンゲームなどのプライズカテゴリが堅調だった、としている。

利益面では、前期で大きく貢献した高採算のCVTキット(バージョンアップを目的とした基板やソフト、外装等の交換キット)の反動減が出たほか、本社移転に伴う費用増も重しとなった。

なお、2020年1月には『マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック アーケードゲーム』を投入する。さらに期末に在庫の資産性検証等の費用を計上する予定で、2020年3月通期では22億円の営業赤字となる見通しだ。

 


 
(編集部 木村英彦)
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高3209億4900万円、営業利益320億4200万円、経常利益333億4400万円、最終利益370億2700万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
6460
企業データを見る