KLab、第4四半期は3700万円の営業赤字に転落 既存タイトルの売上減と『スクスタ』初期プロモーション費用で

KLab<3656>の第4四半期(2019年10-12月)の連結決算が営業赤字に転落したことがわかった。売上高は前年同期比で12.8%増の87億3300万円だったが、営業損益については3700万円の赤字(前年同期は10億0700万円の黒字)となった。本日(2月13日)発表した2019年12月期の決算発表で判明した。2016年1-3月以来となる。

同社では、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)』と『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』の寄与で過去2番目の売上高となったものの、既存タイトルの売上減や『スクスタ』初期プロモーション費用などの影響が出た、としている。

 
KLab株式会社
http://www.klab.com/jp/

会社情報

会社名
KLab株式会社
設立
2000年8月
代表者
代表取締役社長CEO 森田 英克/代表取締役副会長 五十嵐 洋介
決算期
12月
直近業績
売上高339億円、営業利益21億円、経常利益15億円、最終利益7億6000万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3656
企業データを見る