コミュニティファクトリー、ミクシィを割当先とする1億8000万円の第三者割当増資

 コミュニティファクトリーは、1月28日、ミクシィ<2121>を割当先とする1億8000万円の第三者割当増資を実施した、と発表した。2009年4月23日にもミクシィを割当先とする2000万円の第三者割当増資を行っている。  コミュニティーファクトリーでは、今回の増資について、主力事業であるソーシャルアプリ事業をさらに拡大するため、今回の増資により、積極的な人材採用を進めていく、としている。特に利用者が急増しているスマートフォン版のソーシャルアプリの提供を強化するようだ。  さらに、今後、ソーシャルアプリ事業のみに留まらず、「mixi Connect」を活用した新たなコミュニケーションサービスの提供にも取り組むとのこと。  なお、コミュニティファクトリーは、日本を代表するSAPの一社。2008年よりソーシャルアプリを配信を開始しており、2011年1月現在、18本のソーシャルアプリを提供している。その累計登録者数は1100万人にのぼっており、とりわけ2010年5月にリリースしたmixiアプリ「みんなでケンテイ」は、登録者数が570万人を超えている。   コミュニティーファクトリー: http://communityfactory.com/
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1193億1900万円、営業利益229億2800万円、経常利益230億1900万円、最終利益156億9200万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る