エイチーム、『FF VIIザファーストソルジャー』は年内世界リリース目標で開発 「専用機で配信する予定はないが、スクエニと相談して検討したい」(中内氏)



エイチーム<3662>は、第2四半期の決算説明資料で、2021年1月時点における新作ゲームの開発パイプラインが前回発表と同じ3本であると明かした。当時は新作の内容については非開示としていたが、そのうちの1本は2月26日に発表になったスクウェア・エニックスと共同開発タイトル『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER(ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー)』だった。

本作は、『FINAL FANTASY VII REMAKE』のビジュアルと踏襲したバトルロイヤルアクションゲーム。2021年中に中国を除く7言語対応で、全世界でリリースする目標で開発を行っているという。『FINAL FANTASY VII』とバトルロイヤルゲームのファンをターゲットとしており、課金システムについては競合を参考しながら検討するという。またサーバーはラグが少なくなる設計にしたいとのこと。
 


スマートデバイス向けに集中して開発しているため、ゲーム専用機でリリースする予定はないそうだ。ただ、中内之公氏は、質疑応答で、発表後の反響や要望などからそうしたニーズがあることも把握しているため、スクウェア・エニックスと相談しながら検討していきたい、とした。

なお、開発パイプラインの残り2本については、オリジナルIPのマイチデバイスタイトルと、他社IPを活用したタイトルになる。他社IPを活用したタイトルは、現在、版権元と交渉を行っており、対応するデバイスは未定。ただ、同社としては、マルチデバイスタイトルにしたいと考えているそうだ。
 
株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
林高生
決算期
7月
直近業績
売上高376億7400万円、営業利益47億100万円、経常利益47億3000万円、最終利益33億600万円(2018年7月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3662
企業データを見る