東京通信、第1四半期はハイカジゲーム『Save them all』好調で売上高77%増の10.8億円 広告宣伝費増加で営業益0.6%増と横ばいに

東京通信<7359>は、本日(5月7日)、2021年12月期の第1四半期(21年1~3月)の連結決算を発表し、売上高10億8500万円(前年同期比77.1%増)、営業利益1億6800万円(同0.6%増)、経常利益1億4000万円(同16.4%減)、最終利益8100万円(同10.9%増)となった。

・売上高:10億8500万円(前年同期比77.1%増)
・営業利益:1億6800万円(同0.6%増)
・経常利益:1億4000万円(同16.4%減)
・最終利益:8100万円(同10.9%増)

アプリ事業が好調に推移し、売上が大きく伸びたものの、グローバル広告出稿費用や人件費が増えたことで、営業利益は微増にとどまった。経常利益がマイナスになっているが、これは主にティファレト買収資金の借入手数料6000万円が発生したため。

セグメントごとの経営成績は以下のとおり。

■アプリ事業
国内向けカジュアルゲームアプリの売上高が2億8200万円となり、また海外向けハイパーカジュアルゲームアプリにおいては、2020年11月に本格的に運用を開始した「Save them all」が当第1四半期も引き続き好調に推移し、グローバルの売上高は7億2200万円となり、大きく貢献した。

その他、ストック収入による売上高は3000万円となった。以上の結果、売上高は10億3500万円、セグメント利益は2億5700万円となった。


■広告代理事業
従来からのウェブマーケティング(ウェブサイトでのプロモーション活動)中心のアフィリエイト広告に加えて、運用型広告としてのアプリマーケティング(スマートフォンアプリでのプロモーション活動)の取り組みも強化し、売上高は4300万円、セグメント利益は1600万円となった。


なお、2021年12月通期の業績予想の修正も行っている。詳細は下記記事を確認してほしい。

東京通信、21年12月通期の営業益を3.5億円から4.2億円に上方修正 税負担の増加で最終益は計画下回る
株式会社東京通信
https://tokyo-tsushin.com/

会社情報

会社名
株式会社東京通信
設立
2015年5月
代表者
代表取締役会長 外川 穣/代表取締役社長CEO 古屋 佑樹
決算期
12月
直近業績
売上高24億4900万円、営業利益3億8300万円、経常利益3億6900万円、最終利益1億9300万円(2020年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
7359
企業データを見る