バンナムHD、2022年3月期は新作スマホゲーム17本を投入予定 前期は5本から大幅増 家庭用は「SCARLET NEXUS」やテイルズ新作、アイマス新作など大型タイトルを用意

バンダイナムコホールディングス<7832>は、昨日(5月11日)実施した決算説明会で、2022年3月期における新作スマートフォンゲームを合計17本リリースする予定であることを明らかにした。2021年3月期は5本だった。

また、家庭用ゲームソフトの新作も増やす。「SCARLET NEXUS」(6月発売)、「テイルズ オブ アライズ」(9月発売)、「アイドルマスター スターリットシーズン」(10月発売)など大型タイトルを用意している。

2022年3月期の家庭用ゲームの新作販売本数は1700万本(前期は1385万本)、リピート販売本数は1650万本(前期は2763万本)を見込んでいるとのこと。

なお、新作タイトルの増加に伴い、開発費の償却や広告宣伝費の計上により、費用が先行する見込みとした。
株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高7409億0300万円、営業利益846億5400万円、経常利益876億1200万円、最終利益488億9400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7832
企業データを見る