エクストリーム、21年3月期は営業利益49%減の7億円 受託開発とライツ事業が減収減益 『ラングリッサー』の収益低下

エクストリーム<6033>は、5月13日、2021年3月期の連結決算を発表し、売上高62億3000万円(前の期比13.0%減)、営業利益7億0300万円(同49.0%減)、経常利益7億5000万円(同42.1%減)、最終利益4億9100万円(同49.1%減)だった。ソリューション事業が伸びたものの、受託開発とライツ事業が苦戦した。


・売上高:62億3000万円(前の期比13.0%減)
・営業利益:7億0300万円(同49.0%減)
・経常利益:7億5000万円(同42.1%減)
・最終利益:4億9100万円(同49.1%減)


<ソリューション事業>
売上高は38億9200万円(同8.3%増)、セグメント利益は8億3400万円(同14.4%増)となった。

主にゲーム・スマートフォンアプリ・WEB・IT企業などに対し、プログラミング・グラフィック開発スキルを持った同社社員(クリエイター&エンジニア)が直接顧客企業に常駐し、派遣契約または請負契約で開発業務を行っている。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、上期においては新規及び既存契約更改などの商談機会が停滞し、一部でクリエイター&エンジニアの非稼働(休業)が発生した。

一方、稼働単価は本事業年度より取り組んできた不採算プロジェクトの見直しなどの施策が奏功したことで、セグメント利益率が向上した。なお、稼働プロジェクト数は5,951となった。


<受託開発事業>
売上高は22億4900万円(同8.1%減)、セグメント損失は1億2100万円(前の期はセグメント利益500万円)となった。

主にソリューション事業を通じて顧客から持ち込まれるスマートフォンアプリ開発案件、クラウドプラットフォーム構築、CRM(Customer Relationship Management)構築~導入~運用など、案件を持ち帰り形式で受託し、納品するサービスを提供している。案件種別としては、「新規」「保守」「保守開発」「EPARK事業」の4つに大別される。子会社のEPARKテクノロジーズ、エクスラボ及びEXTREME VIETNAM Co.,LTD.についても当該事業に含まれる。

前期においては、「保守」「保守開発」「EPARK事業」は安定的に推移したものの、「新規」については、納品遅延による受注損失の発生、ベトナムオフショア事業においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、新規案件に係る商談が停滞、受注が想定通り進捗しなかったことから、営業損失が発生した。


<コンテンツプロパティ事業>
売上高は5億7600万円(同53.9%減)、セグメント利益は5億1800万円(同56.3%減)となった。

同社が保有するゲーム・キャラクター等の知的財産を活用し、様々な事業展開を行うセグメントであり、具体的には、ゲーム運営のほかに、同社が保有するゲームタイトルまたはキャラクターなどを様々な商材へ使用許諾を行うライセンス事業が含まれている。

同社がライセンス許諾したスマートフォン版ゲームアプリ『ラングリッサー』の運営により、ライセンス許諾先である香港紫龍互娯有限公司及び上海紫舜信息技術有限公司を通じてゲーム販売額に応じたロイヤルティ収益が発生した。


 
■2022年3月期の見通し

続く2022年3月期は、売上高70億円(前期比12.3%増)、営業利益3億3000万円(同53.1%減)、経常利益3億5000万円(同53.4%減)、最終利益2億4200万円(同50.6%減)を見込む。

・売上高:70億円(前期比12.3%増)
・営業利益:3億3000万円(同53.1%減)
・経常利益:3億5000万円(同53.4%減)
・最終利益:2億4200万円(同50.6%減)
株式会社エクストリーム
https://www.e-xtreme.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エクストリーム
設立
2005年5月
代表者
代表取締役社長CEO 佐藤 昌平
決算期
3月
直近業績
売上高62億3000万円、営業利益7億300万円、経常利益7億5000万円、最終利益4億9100万円(2021年3月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
6033
企業データを見る