スクエニHD、スマホゲームの1~3月売上は8.6%増の304億円 年間通じて四半期300億円台キープ 『DQタクト』『オクトラ』『ニーア』貢献



スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、スマートデバイス・PCブラウザゲームの前期第4四半期(21年1~3月)の売上高が前年同期比8.6%増の304億円だったことを明らかにした。年間を通じて四半期ベースで300億円台の売上をキープしており、ステージが一段上がった印象を受ける。年間の売上高も同19.7%増の1274億円と過去最高を更新した。
 


同社によると、「ドラゴンクエストウォーク」や「WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争」等の既存タイトルが堅調であったことに加え、「ドラゴンクエストタクト」、「オクトパストラベラー大陸の覇者」及び「NieR Re[in]carnation」が収益に貢献したとのこと。
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
http://www.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
松田洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2605億円、営業利益327億円、経常利益320億円、最終利益213億円(2020年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9684
企業データを見る