ブシロード、2~4月は過去最高の売上を記録 フロントウイングラボやTCG部門の伸びが寄与 利益改善のカギはイベントの人数制限緩和に



ブシロード<7803>は、この日(6月14日)、第3四半期(2021年2~4月)の連結決算とともに決算説明資料を発表し、売上高91億2700万円(前年同期比17.1%増)、営業利益2億6400万円(前年同期は1900万円の損失計上)、経常利益3億6100万円(同5500万円の損失計上)、最終利益3000万円(同4800万円の損失計上)と増収・黒字転換となった。新型コロナの影響を受けながらも、四半期ベースでは過去最高の売上高を記録し、黒字転換も達成した。
 


・売上高:91億2700万円(同17.1%増)
・営業利益:2億6400万円(同1900万円の損失計上)
・経常利益:3億6100万円(同5500万円の損失計上)
・最終利益:3000万円(同4800万円の損失計上)
 


売上が好調だったにもかかわらず、営業利益が低下したのは、主に原価率の上昇による収益性の悪化が原因だった。モバイルオンラインゲームの減収のほか、音楽ライブ・舞台の収容人数を制限して開催したため、収益性が低下したという。

特に後者については、直接売上に影響するだけでなく、ライブや舞台開催にかかる費用と感染対策費などが重しとなる。イベント関連は、収容人数の制限の緩和が今後の収益回復のカギになりそうだ。これはゲームやグッズ販売にもポジティブな影響を与える。
 


 
■デジタルIP事業

・売上高:69億4000万円(同14.9%増)
・営業利益:3億4800万円(同231.4%増)

デジタルIP事業は3四半期連続で過去最高売上を達成した。セグメント利益も大きく伸びた。デジタルIP事業でグループに加わったフロントウイングラボが寄与したほか、「カードファイト!! ヴァンガード」と「ヴァイスシュヴァルツ」が好調だった、としている。

なお、モバイルオンラインゲームについては、4周年を迎えた『バンドリ! ガールズバンドパーティ!(ガルパ)』や、『D4DJ Groovy Mix』(グルミク)などが収益貢献したが、全体としてはやや軟調だったという。
 


 
■ライブIP事業

・売上高:21億8700万円(同24.5%増)
・最終損失:8700万円(前年同期は1億2300万円の損失計上)

ライブIP事業は、5本のシングルCD、2本のアルバム、TVアニメ「アサルトリリィBOUQUET」の映像パッケージを発売した。ライブ・舞台については、「バンドリ!」の音楽ライブを横浜アリーナで2日間開催しましたが、収容人数を限定した形での開催となったため、売上高の大きな改善にはつながらなかった。

新日本プロレスは「NEW JAPAN CUP 2021」シリーズを含む48回の興行、スターダムでは「スターダム10周年記念~ひな祭りALLSTAR DREAM CINDERELLA~」を含む24回の興行を開催した。
 
株式会社ブシロード
http://bushiroad.com/
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~
IPディベロッパー、それはIPに翼を授けること。 ~オンラインサービス充実へ~

会社情報

会社名
株式会社ブシロード
設立
2007年5月
代表者
橋本義賢
決算期
7月
直近業績
売上高325億6900万円、営業利益3億4400万円、経常利益5億8300万円、最終損益2億8400万円の赤字(2021年6月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
7803
企業データを見る