バンナム、2021年3月期の決算は営業益73%増の428億円、最終益53%増の332億円と過去最高 スマホゲームと家庭用リピート販売好調

バンダイナムコエンターテインメントの2021年3月期の決算は、売上高2507億6500万円(前の期比4.3%増)、営業利益428億2000万円(同73.0%増)、経常利益440億5500万円(同69.0%増)、最終利益332億5700万円(同52.8%増)と大幅増益だった。営業利益と経常利益、最終利益については過去最高を更新したようだ。


・売上高:2507億6500万円(同4.3%増)
・営業利益:428億2000万円(同73.0%増)
・経常利益:440億5500万円(同69.0%増)
・最終利益:332億5700万円(同52.8%増)


ネットワークコンテンツにおいて、ワールドワイド展開している「DRAGON BALL」シリーズや「ワンピース」、国内の「アイドルマスター」シリーズ等の主力タイトルがユーザーに向けた継続的な施策により好調に推移した。

家庭用ゲームは、「リトルナイトメア2」等の新作に加え、「DRAGON BALL」シリーズ、「TEKKEN(鉄拳)7」、「DARK SOULS(ダークソウル)」シリーズ等、高採算のリピート販売が海外を中心に人気となった。

業績推移は以下のとおり。
 
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
http://bandainam.co/1mZsovM

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
大下 聡
決算期
3月
直近業績
売上高2570億円、営業利益285億円、経常利益291億円、最終利益227億円(2018年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る