マッチングアプリ「タップル」の会員数が700万人突破 サービスの安全対策に関する情報を集約したガイドラインセーフティセンター設置


サイバーエージェント<4751>の連結子会社であるタップルは、運営するマッチングアプリ「タップル」の会員数が、700万人を突破したことを発表した。

マッチングアプリ「タップル」は、スマートフォン向けマッチングサービスとして2014年5月にサービスを開始。グルメや映画、スポーツ観戦など、自分の趣味をきっかけに恋の相手が見つけられるマッチングサービスとして、20代~30代の若い男女を中心にインターネットに慣れ親しんだ世代からの支持を受け、会員数700万人突破に至った。

また、「タップル」を通して成立したマッチング数は延べ2億組(※1)と、国内最大規模のマッチング数となる。

オンライン恋活・婚活マッチングサービス市場の成長が著しい昨今、国内における2021年の市場規模は768億円、2026年には1657億円を超えると予測されている。(※2)

また、ユーザーに安心・安全にサービスを利用してもらうための取り組みとして、今回新たに、サービスの安全対策に関する情報を集約したガイドライン「セーフティセンター」を設置した。

「セーフティセンター」では、タップルを利用するにあたりユーザーから寄せられる悩みを事例ごとに紹介する他、万が一相手とトラブルが起こった場合にLINE電話でカスタマーサポートへすぐに相談できる機能などを用意している。

なお、本電話サポートはテスト運用となり首都圏在住の女性ユーザーが対象となる。今後、順次サポートの範囲を広げ本格運用を目指す。

■マッチングアプリ「タップル」会員数推移



■セーフティセンターについて
・サービス利用時のよくあるお悩みを事例ごとに紹介。解決方法を簡単に探せる。
・万が一トラブルが起こった場合、LINE電話でタップルカスタマーサポートにすぐに相談できる。
・デート前のチェックリストで、お相手と会うまでの心配や不安を軽減する。

※LINE電話のサポート対象※
LINE電話のサポートは、プロフィール欄の地域に首都圏 (東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬) を登録している女性ユーザーが対象。また、サポート対応時間は平日10時~18時となる。



■コロナ禍でのデートの注意事項について
「タップル」では、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、以下を推奨している。

外出を伴うデートで気をつけてほしいこと
・飲食の会話時はマスクを着用する
・デートの場所は密を避ける

※新型コロナウイルスの感染対策を十分に行った上で、デートをするようご協力お願いいたします。
 
■マッチングアプリ「タップル」安心・安全の取り組みについて
https://www.cyberagent.co.jp/way/info/detail/id=20561

■マッチングアプリ「タップル」について
マッチングアプリ「タップル」は、スマートフォン向けマッチングサービスとして2014年5月にサービスを開始した。グルメや映画、スポーツ観戦など、自分の趣味をきっかけに恋の相手が見つけられるマッチングサービスとして、20代の若い男女を中心にインターネットに慣れ親しんだ世代からの支持を受け、会員数700万人突破、「タップル」を通して成立したマッチング数は延べ3億組と、国内最大規模のマッチング数となる。

https://tapple.me/
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る