マーベラス、4~6月のコンシューマ事業は売上163%増、セグメント利益250%増と大幅増収増益 『ルンファク5』好調、『牧場』欧米版貢献

 

マーベラス<7844>は、第1四半期におけるコンシューマ事業の業績が売上高42億7700万円(前年同期比163.5%増)、セグメント利益15億5000万円(同250.7%増)と大幅増収増益だったと発表した。会社全体の業績拡大をけん引した。

・売上高:42億7700万円(同163.5%増)
・セグメント利益:15億5000万円(同250.7%増)

同社によると、『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』の北米・欧州ダウンロード版の売上が計上されたことに加えて、5月に発売した『ルーンファクトリー5』が好調だったとのこと。

また、昨年11月発売の『天穂のサクナヒメ』についても世界累計出荷本数が100万本を突破したという。

他方、アミューズメントゲームについては、主力の『ポケモンメザスタ』が比較的堅調に推移したという。『ポケモンガオーレ』は、海外での新型コロナの打撃が大きかった、としている。

 

なお、第2四半期の取り組みとして、『No More Heres 3』を8月27日に発売する予定で、収益貢献が期待される。

 

株式会社マーベラス
https://www.marv.jp/

会社情報

会社名
株式会社マーベラス
設立
1997年6月
代表者
代表取締役社長 執行役員 許田 周一
決算期
3月
直近業績
売上高255億2000万円、営業利益44億1400万円、経常利益45億5800万円、最終利益32億6500万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7844
企業データを見る