【決算レポート】バンナムHD、第1四半期は売上・利益とも過去最高 トイホビー絶好調、ライブやAM関連も復調 ゲームはスマホ減収と先行投資で大幅減益

バンダイナムコホールディングス<7832>の第1四半期(2021年4月~6月)の連結決算は、売上高1780億4900万円(前年同期比22.8%増)、営業利益270億2100万円(同35.7%増)、経常利益287億5400万円(同40.9%増)、最終利益209億1700万円(同58.7%増)となり、売上高と利益は最高を更新した。

 

・売上高:1780億4900万円(同22.8%増)
・営業利益:270億2100万円(同35.7%増)
・経常利益:287億5400万円(同40.9%増)
・最終利益:209億1700万円(同58.7%増)

 

主力のゲームを手掛けるデジタル事業が大幅な減益となったものの、もう一つの柱であるトイホビー事業が好調だった。トイホビー事業は、デジタル事業の売上、利益を上回った。また、映像音楽プロデュースやリアルエンターテインメントも復調を見せた。両事業ともに、前年同期は新型コロナの影響で苦戦を余儀なくされていた。

  

■デジタル事業

・売上高:668億3400万円(同12.6%減)
・営業利益:118億2700万円(同39.0%減)

家庭用ゲームの新規タイトル『SCARLET NEXUS』が好調なスタートをきった。それに加えて、既存タイトルのリピート販売本数が813万本となり、引き続き好調に推移した。主要タイトルの販売本数は以下のとおり。

・『ドラゴンボール ファイターズ』60万本
・『ドラゴンボール Z KAKAROT』20万本
・『鉄拳7』50万本
・『リトルナイトメア2』50万本
・『DARK SOULS Ⅲ』40万本

ネットワークコンテンツでは、『僕のヒーローアカデミア』の新作タイトルが順調なスタートを切ったほか、主力タイトルが安定的に推移したが、ネットワークコンテンツ全体では、巣ごもり需要により好調だった前年同期には及ばなかった。

 また、前年同期は、家庭用ゲーム、ネットワークコンテンツとも大型新規タイトルのリリースがなかったが、第1四半期には新規タイトル導入に伴う初期費用によりコストが先行したことも営業減益の要因となった。

  

■トイホビー

・売上高:830億5900万円(同50.1%増)
・営業利益:144億9800万円(同125.2%増)

第1四半期としては過去最高の業績となった。ガンプラやフィギュアなどのハイターゲット層(大人層)向け商品が、国内外で好調に推移したほか、前年同時期に新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたアミューズメント施設向けのプライズ商品などのカテゴリーが回復した。

また、『鬼滅の刃』などの新規IP商品の人気が続いているほか、IP を活用した商品だけでなく、ノンキャラクター商品もヒットしている菓子やカプセルトイ、北米向けの「デジモン」のトレーディングカードなどの玩具周辺商材が人気となった。

  

■映像音楽プロデュース

・売上高:120億1300万円(同121.7%増)
・営業利益:23億6200万円(同734.6%増)

主力 IP の映像・音楽のパッケージ販売を行ったほか、ゲーム関連へのライセンス収入が業績に貢献した。また、前年同期には新型コロナウイルス感染拡大の影響でほとんど開催できなかったライブイベントが、配信や新技術の活用もあり、開催数が前年同期の4回から146回と大幅に増加した。

  

■IPクリエイション

・売上高:73億0400万円(同57.8%増)
・営業利益:8億2800万円(同1.7%増)

映像制作収入が増加したほか、「機動戦士ガンダム」シリーズの IP 人気拡大に伴い、ライセンス収入が好調に推移した。一方、2020年12月にオープンした、横浜の動くガンダムの施設については、新型コロナウイルス感染拡大に伴い運営の縮小を行うなどの影響を受けた。 

 

■リアルエンターテインメント

・売上高:152億2100万円(同130.6%増)
・営業損失:6億6200万円(前年同期は56億6300万円の損失)

施設の休業や時短営業などの新型コロナウイルス感染拡大による影響を受けたが、IP を活用したキャンペーン効果などもあり、国内既存店売上高は前年同期比215.6%(2019年度比70%強)となり、回復の兆しを見せている。また、業務用ゲームの売上高についても前年同期比で増収となった。

   

■2022年3月通期予想は据え置き 中間は上方修正も

続く2022年3月通期の業績は、売上高7500億円(前期比1.2%増)、営業利益750億円(同11.4%減)、経常利益760億円(同13.3%減)、最終利益520億円(同6.4%増)を見込む。

・売上高:7500億円(同1.2%増)
・営業利益:750億円(同11.4%減)
・経常利益:760億円(同13.3%減)
・最終利益:520億円(同6.4%増)

なお、9月中間期の業績予想を上方修正し、売上高3800億円(前回予想3500億円)、営業利益430億円(同350億円の利益)、経常利益460億円(同355億円の利益)、最終利益325億円(同250億円の利益)にそれぞれ引き上げた。

・売上高:3800億円(前回予想3500億円)
・営業利益:430億円(同350億円の利益)
・経常利益:460億円(同355億円の利益)
・最終利益:325億円(同250億円の利益)

通期予想を据え置いたが、国内外において新型コロナウイルス感染拡大が続くなど不透明で変化が激しい市場環境が継続していることや、年末年始商戦や家庭用ゲーム大型タイトルの発売を控えていることなどを踏まえたため、としている。

株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高7409億0300万円、営業利益846億5400万円、経常利益876億1200万円、最終利益488億9400万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
7832
企業データを見る