スクエニHD、ブロックチェーンゲームへの本格参入を検討 「資産性ミリオンアーサー」完売、NFTデジタルカードが本格事業化フェーズに

スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>は、この日(11月5日)、「中期事業戦略の進捗」として、ブロックチェーンゲームへの本格参入を検討することを明らかにした。

従来から取り組んできたコンテンツクリエーションに加えて、分散型コンテンツとしてのトークンエコノミーを前提としたブロックチェーンゲームに今後注力する。

その背景として、ゲームに携わる人のプロファイル・インセンティブが「楽しむ」だけでなく、「交流する」 「創る」 「集める」など多様化してきたことあげられる。

また、NFTの普及を背景に代替貨幣「トークン」を用いた経済圏「トークンエコノミー」が普及・拡大し、ゲームそのものも中央集権型から分散型へと広がりをみせている。

 

また、NFTデジタルカード「資産性ミリオンアーサー」を正式リリースした。同社のアセットとNFTの間のシナジーを確認する目的だったそうだが、第1弾は完売。実証実験のフェーズは完了したと判断し、本格的な事業フェーズに入る。 

 

株式会社スクウェア・エニックス
https://www.jp.square-enix.com/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高2511億6800万円、営業利益556億6800万円、経常利益587億9600万円、最終利益413億9600万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
https://www.hd.square-enix.com/jpn/

会社情報

会社名
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス
設立
1975年9月
代表者
代表取締役社長 松田 洋祐
決算期
3月
直近業績
売上高3325億3200万円、営業利益472億2600万円、経常利益499億8300万円、最終利益269億4200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9684
企業データを見る