セガサミー、第2四半期のアニメ・玩具事業の営業益は500%増の12億円と急増…劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』が貢献

セガサミーホールディングス<6460>の第2四半期(2021年7~9月)の映像・玩具の営業利益は12億円となり、前年同期の2億円から500%増と大幅な伸びを達成した。売上高については、同9.0%増の60億円となった。

トムス・エンタテインメントの劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』について、高採算の配分収入が計上されたことが主な要因とみられる。セガトイズの新製品と定番製品を販売したという。

 

©2020 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

株式会社トムス・エンタテインメント
http://www.tms-e.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社トムス・エンタテインメント
設立
1946年10月
代表者
鈴木義治
決算期
3月
直近業績
売上高95億8600万円、営業利益7億1500万円、経常利益8億5000万円、当期純利益4億5000万円(2013年3月期)
企業データを見る
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高2777億4800万円、営業利益65億5300万円、経常利益17億1500万円、最終利益12億7400万円(2018年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6460
企業データを見る