コロプラ、第4四半期期間(7~9月)は前年同期比で売上高22%減に 周年タイトル貢献も新たな上積みを得られず プロモ費用の増加で利益も低下

コロプラ<3668>は、11月5日に2021年9月期の連結決算を発表した。今回はその決算から第4四半期期間(7~9月)の状況を見てみたい。

同社の第4四半期期間は、以下のとおり。

売上高97億500万円(前四半期比19.9%増、前年同期比22.2%減)
営業利益10億6500万円(同4.8%減、同64.1%減)
経常利益10億800万円(同23.1%減、同61.1%減)
最終利益4億9400万円(前四半期14億5700万円の赤字、同63.9%減)

売上高は前四半期比では増収となったが、前年同期比では2ケタ超の減収となった。主力タイトルの『白猫プロジェクト』(以下『白猫』)と『ドラゴンクエストウォーク』(以下『DQウォーク』)の周年効果はあったものの、前年同期に及ばず、既存タイトルのダウントレンドという形がストレートに出ていると言えそうだ。

一方、利益は前四半期比、前年同期比ともに減益となっているが、これは広告宣伝費が10億2800万円と前四半期比で182.4%増、前年同期比で51.0%増と膨らんでいることが大きな要因だろう。新作『ユージェネ』や『白猫』の7周年、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』のフィナーレのプロモーションで費用が膨らんだという。

リリース時期別の売上推移を見ると7周年の『白猫』を含むFY14もの、受託案件を含む「その他」が増加しているが、2周年の『DQウォーク』のFY19ものは堅調な推移にとどまった。また、『ユージェネ』のFY21ものはまだ売上規模が小さく、この第4四半期で実施したプロモーションの効果が出てくるのか、今後の動向が問われるところだろう。

株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役社長 馬場 功淳
決算期
9月
直近業績
売上高451億2800万円、営業利益122億5000万円、経常利益117億9000万円、最終利益79億7700万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3668
企業データを見る