【ゲーム株概況(11/19)】「FAガール」200万個出荷の壽屋(コトブキヤ)がストップ高、上場来高値を更新 エイチームは大幅続落

11月19日の東京株式市場では日経平均株価は反発。前日比147.21円高の2万9745.87円でこの日の取引を終えた。前日の米国市場でハイテク株が買われた流れを受けて、半導体関連を中心に物色された。ただ、来週の変則的な日程への意識から積極的に上値を積極的に取る動きに乏しく、徐々に模様眺めムードが広がり、もみ合いのまま取引を終えた。

こうしたなか、ゲーム関連株を見ていくと、壽屋(コトブキヤ)<7809>がストップ高まで買われた。上場来高値となる1000円高の6410円で取引を終えた。この日、プラモデル「フレームアームズ・ガール」の世界累計出荷が200万個を達成したことが手がかり材料視された(関連記事)。上場からの月足チャートを作ったが、今月の急騰ぶりがわかる。

 ソニーグループ<6758>は小動き。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が同社株のレーティング「オーバーウェート」の継続とし、目標株価を1万4400円から1万7500円に引き上げた。

ネクソン<3659>も小動き。発行済株式の2.9%に相当する2900万株・400億円を上限とする自社株買いを行うことを明らかにした。受給改善を期待した買いが入ったものの、その後は利食い売りに押されて前日終値付近でもみあった。

エイチーム<3667>が3日続落。『FINAL FANTASY VII THE FIRST SOLDIER(ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー)』を11月17日にリリースしたが、引き続き売り込まれた。App Storeのセールスランキングでも100位台にとどまっており、ランキング推移を見極めたいという向きもあるようだ。

 

株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高312億5200万円、営業利益7億100万円、経常利益8億9500万円、最終利益8億7700万円(2021年7月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3662
企業データを見る
株式会社壽屋(コトブキヤ)
https://company.kotobukiya.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社壽屋(コトブキヤ)
設立
1953年1月
代表者
代表取締役社長 清水 一行
決算期
6月
直近業績
売上高95億4300万円、営業利益9億8700万円、経常利益9億8900万円、最終利益6億7900万円(2021年6月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
7809
企業データを見る