エディア、第3四半期決算は営業利益9400万円と黒字転換 ゲーム売上減少もライセンスアウトやドラマCD・グッズ販売など高採算事業が拡大

エディア<3935>は、この日(1月14日)、2022年2月期の第3四半期決算を発表し、売上高18億0700万円(前年同期比2%減)、営業利益9400万円(前年同期は5200万円の損失)、経常利益8700万円(同6200万円の損失)、最終利益7000万円(同1億3800万円の損失)と黒字転換を達成した。

・売上高:18億0700万円(同2%減)
・営業利益:9400万円(同5200万円の損失)
・経常利益:8700万円(同6200万円の損失)
・最終利益:7000万円(同1億3800万円の損失)

既存運営ゲームタイトルの売上減により減収となったものの、IP事業におけるライセンスアウトやドラマCD及びグッズ販売など利益率の高い売上が大きく伸長し、黒字転換を達成した。
第3四半期累計のIP事業では、ゲームサービスにおいて、様々なイベントを通じて長期運営タイトルの安定推移を目指したものの、前年同期比では売上が減少することとなった。

一方で、オリジナルドラマCD『DIG-ROCK(ディグロック)』シリーズが引き続き人気を博し、CD販売に加えグッズ販売も好調を維持している。

また、同社保有のレトロゲームタイトル「ヴァリス」を活用したクラウドファンディングを開始し、多くのファンから支援を受け、NintendoSwitch用ソフトとして提供を開始した。「ヴァリス」以外のレトロゲームタイトルも欧米市場に向けてライセンスアウトするなど、海外からも注目を集めることができた。

さらに、グッズにおいては、オンラインくじサービスの『くじコレ』、女性顧客向けオンラインくじサービス『まるくじ』も人気IPとのコレボレーションを行うなど積極的に展開し、同社グループの収益に貢献した。

出版事業では、人気ライトノベルシリーズ・コミックシリーズの人気作の続巻、新シリーズ発売により堅調に推移している。また、作品数の増加により電子書籍売上が増加し、海外へのライセンスアウトによる収益も計上する等売上を伸ばしている。

BtoB事業では、他社のゲームサービスのローカライズ及び運営受託、音楽制作受託、法人向け各種コンテンツ制作受託など堅調に推移している。

株式会社エディア
http://www.edia.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エディア
設立
1999年4月
代表者
代表取締役社長 賀島 義成
決算期
2月
直近業績
売上高24億7000万円、営業損益2300万円の赤字、経常損益3400万円の赤字、最終損益8000万円の赤字(2021年2月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3935
企業データを見る