サイバーエージェント、第1四半期決算を1月26日に発表 「経営陣でも予測不能」(藤田社長)も『ウマ娘』貢献で大幅な増収・増益か

サイバーエージェント<4751>は、この日(1月18日)、2022年9月期の第1四半期(21年10~12月)の決算を1月26日に発表する。同社は、2022年9月期の業績予想については開示していない。前回の決算説明会の場で、藤田晋社長は、「新規タイトル(『ウマ娘 プリティーダービー』のこと)の大きなヒットがあったものの、これからどのくらいで落ち着くのか、経営陣でも予測がつかない」ことを主な理由にあげた(関連記事)。

なお、前年同期(20年10~12月)の実績は、売上高1310億1400万円(前年同期比で13.3%増)、営業利益70億5800万円(同8.7%減)、経常利益69億3200万円(同10.2%減)、最終利益29億3000万円(同101.3%増)だった。このときは『ウマ娘 プリティーダービー』がまだリリースされていなかったため、今回の四半期決算は前年同期比で大幅な増収・増益になることが予想される。

・売上高:1310億1400万円(同13.3%増)
・営業利益:70億5800万円(同8.7%減)
・経常利益:69億3200万円(同10.2%減)
・最終利益:29億3000万円(同101.3%増)

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る