【ゲーム株概況(2/24)】国内証券が目標株価引き上げのグリーが軟地合い下で逆行高 新作『エルデンリング』への期待でバンナムHDとKADOKAWAが買われる

  • 2月24日の東京株式市場では、日経平均は5日続落し、前日比478.79円安の2万5970.82円で取引を終えた。朝方から売りが先行していたが、ロシアがウクライナに侵攻したことが伝わると下げ幅を拡大し、一時は下げ幅600円超に達する場面もあった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体地合いが軟調な中で、グリー<3632>が逆行高した。グリーは、大和証券が投資判断「3」を据え置いたものの、目標株価を760円から880円に引き上げたことがポジティブに受け止められているようだ。

    また、大手ゲーム株では、バンダイナムコHD<7832>の強さが目立った。バンナムHDは、期待の新作『ELDEN RING(エルデンリング)』の発売を明日2月25日に控えていることへの期待感が先行しているもよう。その『エルデンリング』の開発を担当するフロム・ソフトウェアの親会社であるKADOKAWA<9468>も商いを伴って大幅反発した。

    ほか、ネクソン<3659>やアピリッツ<4174>、ドリコム<3793>なども買われた。ドリコムは、大和証券が目標株価は850円から540円に引き下げたものの、投資判断を「3」から「2」に格上げしたことが市場の関心を集めたようだ。

    半面、バンク・オブ・イノベーション<4393>が大幅反落し、モブキャストHD<3664>やcoly<4175>、東京通信<7359>などの下げもきつい。

    岡三証券が投資判断「中立」を据え置き、目標株価を1500円から1100円に引き下げたフリュー<6238>もさえない。

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3632
企業データを見る
株式会社KADOKAWA
http://www.kadokawa.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社KADOKAWA
設立
1954年4月
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 夏野 剛/代表取締役 執行役員 Chief Human Resources Officer(CHRO)兼Chief Literature & Movie Officer(CLMO) 山下 直久
決算期
3月
直近業績
売上高2212億0800万円、営業利益185億1900万円、経常利益188億2200万円、最終利益128億2000万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
9468
企業データを見る
株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高8892億7000万円、営業利益1254億9600万円、経常利益1336億800万円、最終利益927億5200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7832
企業データを見る