22年2月のスマホゲーム売上ランキング、『原神』が3位キープ 『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が国内で唯一ランクイン…Sensor Tower調査



米国の調査会社Sensor Towerは、レポート「Top Grossing Mobile Games Worldwide for February 2022」で2022年2月のモバイル(スマホ)ゲームの売上トップが、テンセントの「Honor of Kings」であることを明らかにした。同タイトルの売上は2億2500万ドル(269億円)だという。売り上げの95.2%は中国が占めた。

一方で先月の首位だったテンセントの『PUBG Mobile』は2位に後退した。その売上は2億500万ドル(245億円)、売上の64.2%は中国で運営するローカライズ版の『 Game For Peace』によるものだ。

続く3位にはmiHoYoの『原神』がランクインしたものの、売上額に関しては明らかにしていない。

ランキング内のタイトルが固定化しつつあるなか、バンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』がTOP10内にランクインした。同タイトルでは2月に7周年イベントを行っており、大きく売上を上げたと見られる。日本国内のタイトルとしては唯一のランクインとなった。

なおストア別に見れば『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』はApp Storeで7位とさらに順位を上げている。

※上記のランキングにおいては、中国などのサードパーティ製のAndroidストアの内容は含まれていない。

さらなる詳細は下記のSensor Towerで確認できる。

Top Grossing Mobile Games Worldwide for February 2022
https://sensortower.com/blog/top-mobile-games-by-worldwide-revenue-february-2022/

株式会社バンダイナムコエンターテインメント
http://bandainam.co/1mZsovM

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
設立
1955年6月
代表者
代表取締役社長 宮河 恭夫
決算期
3月
直近業績
売上高2507億6500万円、営業利益428億2000万円、経常利益440億5500万円、最終利益332億5700万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
miHoYo

会社情報

会社名
miHoYo
企業データを見る